18祭2019のアーティストは誰か予想!応募で選ばれるには?歴代まとめも!【動画あり】

こんにちは!lumoです!

音楽がすきなので、NHKで放送される
18祭(フェス)」は毎年楽しみに
しています~

個人的には18歳世代はとっくに
過ぎ去っているので応募はできませんが、
放送は毎年みています!

こんなチャンスがある今の18歳世代が
うらやましいところですが、2019年の
18祭出演アーティストは誰なのか
気になりますよね。

そこで、歴代のアーティストを
振り返りながら2019年の18祭の
出演アーティストに関して、
完全に個人的な考えですが、
予想してみようと思います。

また、2019年の18祭で、応募から
参加できる1000人の中に選ばれる
ためにはどうすればいいのかも
調査してみました。

スポンサードリンク

NHKの18祭とは?歴代のアーティストは?

まず、18祭ってどんな企画?ということ
なんですが、これは、2016年から始まった
NHKが主催する企画です。

毎年、1組のアーティストと、
応募から選考で選ばれた1000人の
18歳世代たちが1回限りの
ライブパフォーマンスを作り上げます。
これが18祭です。

ちなみに読み方

「ジュウハチフェス」

と読みます。

そして、このライブの様子と、選考、
作曲などの舞台裏や、参加している
18歳世代の1000人の中にどんな人が
いるのかといった一部始終を特別番組
としてNHKが放送しているのです。

参考までに、18祭歴代アーティスト
以下の通りです。
(動画をみれば雰囲気が伝わると思います。)

【2016年】
ONE OK ROCK「We Are」

【2017年】
WANIMA「シグナル」

【2018年】

RADWIMPS「万歳千唱」

「正解」

パターンは同じなんですが、
アーティストごとに大切にしていることや
伝えたいことなどが違うからか、
どれも印象が違うというのが
おもしろいですよね!

18歳世代は悩みやいろいろな迷いが多い
時期だと思いますが、自信をもって
これからの人生を歩むために、この企画は
とても良い企画ではないかなと思います。

2019年の18祭もどんなパフォーマンスが
見られるのかたのしみです!

スポンサードリンク

18祭(2019)の出演アーティストは誰?予想は?

ということで、2019年の18祭
出演アーティストは誰なのか予想をして
いきたいと思います。

まず、これまでの歴代のアーティストを
みると、すべて男性の人気ロックバンドです。

このパターンから見ていくと、

  • 「back number」
  • 「BUMP OF CHICKEN」
  • 「ELLEGARDEN」

などが予想として考えられます。

また、これまでとは少し変わるという
パターンもあるかもしれませんよね。

男性だけではないと仮定すると、

  • 「SEKAI NO OWARI」
  • 「いきものがかり」

など、女性がメンバーに入っている
バンドも候補にあがってきますが、
イメージ的にこの2組のアーティストは
ちょっとポップすぎるかもですね(;・∀・)

また、バンドに限らないとすると

  • 米津玄師
  • Superfly

なども考えられます。

ですが、やはりバンドの方が盛り上がりそうな
感じがしますし、今までのパターンの
イメージが強いので、

  • 「back number」
  • 「BUMP OF CHICKEN」
  • 「ELLEGARDEN」

が候補になってくるのではないかと
考えています。

個人的には「back number」が一番
可能性が高いのでは?と勝手に予想して
います。

おそらく、4月~5月頃には出演アーティストが
発表されると思うので、楽しみですね!

応募から1000人に選ばれるための条件はある?

18祭に参加するためには、応募して選考を
受けなければなりません。

これまでは毎年、動画を投稿することで
応募となっていました。

どんな動画なのかや、選考基準は
まだ公開されていないので、
詳細が発表されたら詳しく解説して
いきます。

まとめ

2019年の18祭についてでしたが
いかがでしたか?

ここまでの内容をまとめていきます。

歴代の出演アーティストは以下の通りです。

【2016年】ONE OK ROCK

【2017年】WANIMA

【2018年】RADWIMPS

2019年の18祭出演アーティストの予想は、

  • 「back number」
  • 「BUMP OF CHICKEN」
  • 「ELLEGARDEN」

などのロックバンドの可能性が高いと
考えています。

応募の選考に関しては、詳細が発表されてから
追記していきます。

以上、最後まで読んで頂きまして
ありがとうございました!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする