うさぎの夏の暑さ対策

うさぎは自分で体温調整することが苦手な動物です。特に暑さにはとても弱く、室温を管理してあげることが必要になります。ですが、一人暮らしだと特に、エアコンを一日つけっぱなしにすると電気代がかかり、経済的に厳しいということもあると思います。まさに私がその状況になったのですが・・・。

そのときに対策としてやってみたことを紹介したいと思います。

扇風機を使う

一番に思いついたのは扇風機を使うことでした。

人間は汗をかくことができるので、風があるだけで少しは涼しく感じられますが、うさぎの場合は汗をかけないので、扇風機を使ってもただ熱い空気が循環しているだけで効果がないのです。扇風機計画は全く効果なしでした。

ですが、扇風機は空気を循環させることができます。このことを利用して、少しでも冷たい空気を循環させることが出れば室温が下がるのではと思い、扇風機に保冷剤を薄めのタオルで包んでくっつけてみました。

若干ですが、効果があったように思います。

空気を循環させるためには、扇風機を斜め上を向けて左右に動くようにするのがに一番効果的です。

保冷剤をつけるのは扇風機の前でも後ろでも良いと思いますが、私の体感としては後ろ側につけた方が良いのではないかと思いました。

また、一人暮らしの場合は、仕事で昼間の時間帯はほとんど留守にしていることがあると思います。その場合は保冷剤が溶けきってしまうことがあるので注意が必要です。

仕事が休みの日に実験してみて、保冷剤が溶けてしまったり効果がなくなってくる時間帯を確認して、その時間からはエアコンのタイマー機能を使って室温調整をした方が良いと思います。

保冷材の有効利用

扇風機でも保冷材を使いましたが、ケージの中や周りに保冷剤を置いておくのも暑さ対策になります。この場合も水滴が垂れないようにタオルなどで包んでおくのが良いです。

うさぎがタオルをかじってしまう場合は、ケージの外に置いた方が良いと思います。

ケージの外でもかじってしまう場合は、放熱性の高いアルミシートや、すのこなどを間に入れると良いです。

ケージの中や周りに保冷剤を置く場合、特に外側に置く場合は、ペットボトルに水を入れて凍らせたものを使うのがおすすめです。2Lなどの大きいペットボトルになると凍らせるのに時間はかかるかもしれませんが、その分溶けにくくなるからです。

おすすめは900mlの四角いペットボトルで、これだと重ねて使うこともできるし、冷凍庫のスペースも有効に使えるからです。

もちろん500mlのペットボトルでも、なるべく四角いものを使えば重ねたりくっつけたいといったにバランスが良くて使いやすいです。

このように保冷材を使いながら、扇風機も使って空気を循環させるのが一番良い方法だと思います。

暑さが厳しくなってきたらエアコンで室温調整を!!

暑くなってくるはじめのころは、保冷剤を有効利用すればある程度の暑さ対策ができますが、暑さが厳しくなって猛暑日が続くようなときはこれだけでは対策しきれませんでした。

きちんとケージに温度計をつけて、常に室温に気を付けていることが必要です。

また、うさぎは湿度にも弱いので、できれば湿度の管理もした方が良いです。

エアコンを使う場合は、除湿機能を使い、うさぎに直接風が当たらないように気を付けて、室温が24度~28度になるように設定するのが良いです。

エアコンを使って室温調整をしていても、夏は夕立も多いので、雷による停電も考えられます。万が一、停電でエアコンが止まってしまうということも考慮すると、保冷剤をケージの中や周りに置いておくことも必要になります。

まとめ

我が家の夏の暑さ対策を紹介してきましたが、まとめると以下のようになります。

  • エアコンを使わないで暑さ対策をするには扇風機と保冷剤を有効利用するのが良い。
  • 猛暑日が続くような真夏になったら、エアコンでの室温・湿度管理が必要。

真夏にはエアコンだけでなく、扇風機や保冷材も一緒に使うのが一番良いと思います。

エアコンを使うと電気代がかかってしまいますが、大切な家族の一員のうさぎの気持ちを考えてあげれば、電気代がかかるなんて言っていられません。夏の初めは保冷剤と扇風機でうまく対策し、エアコンを使わなければ対策できないときにはしっかりエアコンを使いましょう。

暑い夏をうさぎと一緒にがんばって乗り越えることができればと思います。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする