天璋院篤姫の好物は甘いもの?白いんげんの甘煮が月命日に供えられていたの?【趣味どきっ!】


出典:https://www.kenkoutuuhan.com/daizu_recipe34.html

こんばんは!lumoです!

2月21日に放送される【趣味どきっ!】
では、幕末維新の英雄たちが愛した
グルメから素顔をひもとくシリーズ
ということで、篤姫の好物について
取り上げられます。

今年の大河ドラマの「西郷どん」でも
篤姫が登場していて、まだ少ししか
出てきていませんが、北川景子さんが
演じていますね。
毎週見ているので、篤姫がどんな風に
描かれるのか、とても楽しみです。

薩摩から将軍家に嫁いだ篤姫が
どんな人だったのか、また、
篤姫の好物にはどんなものがあったのか、
調べて見ました。

スポンサードリンク

天璋院篤姫はどんな人?

天璋院篤姫は1835年2月5日
薩摩藩の島津家の分家に生まれました。
その後、島津家の本家である
島津斉彬の養女となり、江戸幕府の
13代将軍徳川家定の妻になります。

ですが、嫁いで2年もたたないうちに
家定が亡くなってしまったことで
篤姫は落飾し、天璋院と名乗るように
なりました。

大政奉還後の戊辰戦争で徳川将軍家が
存亡の危機に立たされた時には、
島津家や朝廷に嘆願し、徳川の救済に
尽力しました

明治時代に入ってからも、実家である
島津家からの援助は受けず、徳川家の
人間として振舞っていたそうです。

そして、自由気ままな生活を楽しみ、
家事や倹約にも努めながら、大奥時代の
部下の嫁ぎ先や就職先を探すことに
奔走していたようです。

1883年11月13日に脳溢血で倒れ、
その後、11月20日に47歳で亡くなられました。
葬儀には1万人もの人が集まったそうです。

自分の意志が強くて、考え方がとても
はっきりしているところがかっこいい
女性だなぁと思いました。

篤姫の好物は?白いんげんの甘煮は月命日にも供えられていたの?

幕末から明治維新の激動の時代を
生きた篤姫が好んで食べていたものは
どんなものがあるのでしょうか?

調べてみたところ、いろいろな
好物が出てきました!

  • 白インゲンの甘煮
  • あんかけ豆腐
  • 茶飯
  • アワビの殻に入れて作った茶碗蒸し
  • 麦味噌
  • ビワ
  • 黒豚の角煮
  • スイーツ

以上のようなものが好物だったようです。

白いんげんの甘煮、あんかけ豆腐、
茶飯はとても好きだったそうで、
月命日にもお供えされていたそうです。

アワビの殻に入れて作った茶碗蒸しは
「貝焼き」「貝煮」がはやっていた時期が
あたようで、そのときに食べていたそうです。

麦味噌やビワは鹿児島の味といって
良いものかなと思います。
調味料である味噌が江戸では
慣れ親しんだ麦味噌ではなかったので、
味の違いがあったようです。

ビワも好物だったので、篤姫のお墓の
近くには、ビワの木が植えられている
そうです。

江戸時代には珍しかった豚肉ですが、
慶喜が好んで食べていたそうで、
篤姫も黒豚の角煮は好んでいたようです。
余り仲が良くなかった二人なので、
取り合いになったんじゃないかなと
心配になってしまします(笑)

また、スイーツが対好物だったというのは
有名ですね。

こうしてみると、好みという部分も
ありますが、幼いころから慣れ親しんだ
薩摩の味を大事にしているような感じも
しますね。

白いんげんの甘煮をはじめとして、
スイーツが好きということで、
昔も今も、女子はやっぱり甘いものが
好きなんだなぁと思いました(笑)

スポンサードリンク

まとめ

篤姫は、薩摩出身で徳川家に嫁いで、
幕末から明治維新にかけての
激動の時代を生きた、女性です。

篤姫の好物は以下の通りです。

  • 白インゲンの甘煮
  • あんかけ豆腐
  • 茶飯
  • アワビの殻に入れて作った茶碗蒸し
  • 麦味噌
  • ビワ
  • 黒豚の角煮
  • スイーツ

特に、月命日にもお供えされたのは
白いんげんの甘煮、あんかけ豆腐、
茶飯だといわれています。

本当に大変な時代を力強く生き抜いた
篤姫にも、好物がこんなにあるんだと
驚きました。

あまり食事のことは気にしませんでしたが、
毎日食べる食事にも楽しみがあると
元気がでますよね。

【趣味どきっ!】の放送もたのしみです!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする