ドラゴンボールハラスメントの記事は批判だけ?なぜ炎上?SNSの反応・意見は?

こんにちは!lumoです!

ドラゴンボールがトレンド入り
していましたね。

何かと思ったら、ドラゴンボール
ハラスメントという言葉も
あり、なんだこりゃ?と思ったので
ドラゴンボールハラスメントや
話題になっている記事に関して
まとめてみました。

また、話題の記事に関しては
とても多くの方の意見が
SNSで投稿されているので、
どんな意見や反応があるのかも
まとめてみました。

スポンサードリンク

ドラゴンボールハラスメントとは?

ドラゴンボールハラスメントって
なんだ?と思ったので、調べて
みたところ、話題となっている
記事にたどりつきました。

ある企業のwebサイトなのですが、
そこのブログの1記事が炎上して
いました。

その記事によると、
ドラゴンボールハラスメント
内容としては以下のように
綴られています。

20代のアシスタントエディターが
先輩と話しているときに、
たまたまドラゴンボールの話題に
なったそうなのです。

20代のアシスタントの方は
ドラゴンボールは知っていますが、
読んだことがなかったそうで、
それを知った先輩に

「コンテンツ制作に携わる人間として、
ドラゴンボールを読んだことがない
なんてありえない!」

と言われたのだそうです。

そのことに関して、記事では
以下のようにかいています。

ドラゴンボールを読んでいない
ことを背景に、精神的な苦痛を
与えられている以上、これは
ドラゴンボールハラスメントと
言わざるを得ません。
ドラハラです。

引用:https://liginc.co.jp/429028

ということで、これが
ドラゴンボールハラスメント
ということですね。

ですが、ここで終われば
何も起こらなかったのですが、
「全巻読んで反論のひとつでも
してやろう」ということで、
一気にドラゴンボール全巻
読んだそうなので、読んだ感想や
自分の意見などを続けて書いて
いるのです。

それが炎上に繋がったんですね~

その内容についてもまとめてみました。

スポンサードリンク

話題の記事の要約

この件に関しては、もともと

「全巻読んで反論のひとつでも
してやろう」

という気持ちで読んだという
こともあるのだと思いますが、
ドラゴンボールのダメ出しや
ツッコミがほとんどでした。

はじめはドラゴンボールという
漫画作品の内容を軽く説明
していたのですが、すぐに
反論が始まります。

まず、全巻読み終わった感想が

「やや面白くない」

だったそうです。

反論するために読んでいるのだから
感想が「おもしろい」にはなるわけ
ないですよね~

すでにそこが残念(;´Д`)

その後、この評価の理由を
「ストーリー」・「世界観」・「時代背景」
にわけて解説されていました。

「ストーリー」に関して

『ハリー・ポッター』や
『ONE PIECE』などを例に出して
いました。

主人公のキャラクター設定が

  • すでに親がいない
  • 生まれ持った才能を持つ
  • 仲間想いの性格
  • 高貴な身分から落ちてしまった
    という悲劇
  • 境遇に立ち向かい栄光を手にする
    というサクセスストーリー

という共通部分があり、すでに
知っている英雄物語の黄金パターン
であるということが説明されて
いました。

ですが、「ドラゴンボール」は
他の作品とは違い、作り込まれた作品
というわけではなく、淡々と進んで
いくため、物語の奥深さがないのでは
ということでした。

まぁドラゴンボール以降の作品は
ドラゴンボールを土台にしている
ということですがら、これは
当たり前といえば当たり前のこと
かもしれませんね、、、

「世界観」に関して

ドラゴンボールの世界観は
はっきりしていないために、
現実世界に近いような印象があるため、
現実世界では起こりえない出来事が
起きる度にツッコミを入れたく
なるということです。

それに対して、ハリーポッターや
ONE PIECEでは魔法界や
大海賊時代など、非現実的で
独特な世界観がはっきり
しており、それを前提にして
ストーリーが作られているので
世界観に入り込みやすいという
ことでした。

「時代背景」に関して

当時、ドラゴンボールがはやった
理由に関して以下のような
要因を挙げていました。

  • インターネットが普及していなかった
  • 「黄金パターン」が少なかった
  • 「いきあたりばったり」な描き方が
    斬新な物語と捉えられた
  • 『Dr.スランプ』のヒットがあり
    「鳥山明氏の作品だ」という印象があった

そして、このような反論の
最後に、以下のようにまとめて
います。

ドラゴンボールから多大な影響を
受け、さらに改良を加えてきた
作品を読んでいる私にとって、
ドラゴンボールは「よくある絵」
であり「どこかで読んだことのある物語」
に感じてしまったのです。
もちろん、巨人の肩の上に立つ
それらの作品だけを評価している
訳ではありませんが、先にそれらの
作品を読んでしまっている
私にとって、このように感じて
しまうことは仕方がないことで
もあるかと思うのです。

きちんと評価している風ですが、
この評価は反論のための評価
なのです。

そのため、ファンにとっては
「ふざけるな!」となるのは
あたりまえですよね。

しかも、一番わからないのは
これを企業のブログで書く意味、、、

目的が謎です(笑)

おそらく、この記事は
軽い気持ちで書かれたもでは
ないかなと思いますし、
ここまで大きな波紋を呼ぶ
ことになるとは思わなかった
のではないかなと思います。

でも、それがドラゴンボールの
すごさでもありますよね!
このファンの多さ!!

もちろん、人によって感じ方は
様々なので、いろんな意見が
あるのは当たりまえです。

ただ、反論のためだけではなく、
楽しむため、そして、そこから
何かを得るため、勉強のために
読んでほしかったなとも思います。

多くの人に親しまれている作品には
どの作品にも何か心をつかむような
魅力的な何かがあるはずなのですが、
反論のために読んだのであれば
それが見えるはずがありません。

すでに最初にも書きましたが、
この件に関しては、反論のために
ドラゴンボールを全巻読んだ
というのが、個人的には
とても残念だと思ってしまいます。

スポンサードリンク

SNSでの反応・みんなの意見

Twitterでは賛否両論で
多くの意見が投稿されていました。

ほんの一部ですが、ここで
紹介したいと思います。

やはりいろんな角度からの視点が
ありますね~

  • 好きなものを勧める人
  • 勧められる人
  • 何らかの作品を世の中に出している人
  • 好きなものに対して文句を言われる人
  • どんな状態で出会うか

など、本当にたくさんの
視点からの意見がありました。

記事内容はドラゴンボールについて
なのですが、SNSでの多くの方の
論点は、無理やり勧めた先輩と
反論するために全巻読んだという
記事の筆者についてのコメントが
ほとんどです。

良いとか悪いとかはないんですが、
自分の行動や受け取り方、考え方などを
見直すには良い記事だったかなと
思います。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする