グラスマン(巨大未確認生物)捕獲作戦の結果は?生態や類人猿型UMAの違いは?【世界まる見え】


出典:http://www.occultic.net/occult/uma/ka/

こんにちは!lumoです!

以前から日本国内や世界中で、
未確認生物(UMA)の目撃情報が
ありますが、アメリカのオハイオ州
などで目撃情報が多い、グラスマン
という未確認生物をご存知でしょうか?

11月26日に放送される
「世界まる見え!テレビ特捜部」では
巨大未確認生物グラスマンの命懸けの
捕獲作戦ということで、グラスマンに
関しての放送があるようです。

そこで、グラスマンどのような
生物なのか、類人猿型UMAとの違いや
調査ではどのような生態であることが
わかっているのかということについて、
調べてみました。

また、グラスマン捕獲作戦の結果に
関してもまとめてみました。

スポンサードリンク

UMAは本当にいるの?

まずUMA(ユーマ)ってなに?と
思う方もいると思うのですが、
UMAは未確認動物のことで、日本独自の
造語です。

謎の未確認動物」を意味する
Unidentified Mysterious Animal
という
和製英語の頭文字のUMA
とったものなのです。

つまり、昔からの言い伝えや目撃談、
噂などはあるにも関わらず、生物学的には
確認されていない未知の動物のことです。
(目撃情報がない天狗や鬼などは含まれません)

未確認生物に関しては、様々な議論が
されていますが、興味がある方にとっては
面白い分野ですよね。

また、未確認動物としてはネス湖のネッシー
がとても有名ですが、このように特定の
場所や地域で目撃される場合は、
その場所が観光スポットにもなっています。

世界で数多くの目撃情報があり、現在は
隠棲動物学として様々な調査がされています。

つまり、本当に存在するのかどうかという
ことも含めて調査中ということですので、
存在に関しては謎に包まれています。

わからないことが多いからこそ、
興味がわいてきますよね!

スポンサードリンク

巨大未確認生物グラスマンの調査でわかっている生態は?

「世界まる見え!テレビ特捜部」では
アメリカのオハイオ州などで数多くの
目撃情報が確認されているグラスマンに
の捕獲作戦の様子が放送されます。

現地では「オハイオ・グラスマン」とも
呼ばれています。

では、グラスマンとはどのような生物で
どのような生態であることがわかって
いるのでしょうか?

現時点での調査で分かっていることを
以下にまとめてみます。

名前:グラスマン

目撃場所:
アメリカ オハイオ州、ケンタッキー州、
インディアナ州

推定身長:2m~3m

外見:
黒褐色の毛で覆われ筋骨隆々で、ゴリラに似ている。
とがった後頭部が特徴。

体は毛でおおわれているというのは
共通しているのですが、目撃証言の
中には毛の色が茶色や、真っ白だった
というものもあるようです。

また、この情報だけを見ると、
ゴリラと見間違えただけなのでは
ないかという見方もできますが、
実際には二足歩行していたということ、
足跡が三本の指の形跡しかないという
ことを考えてみると、ゴリラではない
ということがわかります。

さらに、卵が腐ったような悪臭がする
という情報もあるようです。

シカの群れを追いかけているのを
目撃されていますし、グラスマンが
棲息していたと思われる洞窟から
シカの臓器が見つかっているという
情報もあるので、シカを獲物に
しているようです。

1988年には親子がオハイオ州の山中で
グラスマンと近接遭遇すると言う事件も
あり、その時は石・岩を投げられたのだ
そうです。

現時点でもわかっていることはまだ
少ないようですね~

巨大未確認グラスマンは類人猿型UMAと違う?

グラスマンの身体的特徴は
ビッグフットやイエティと似ており、
類人猿型の未確認生物とされています。

確かに二足歩行していたという事実は
あるのですが、他の類人猿型UMAと違う
ところは、足跡が三本の指の形跡しかない
ということです。

この三本の指と言うのが決定的な違い
なのです。

似ているとしても近似種や亜種なのでは
ないかとかんがえられます。

こういったところまで考えると、とても
興味深いですよね!

さらに、高い知能もあるようで、草木で
作ったねぐらも発見されているのです。

その様子がこちら。


出典:http://chahoo.jp/glassman/

この画像だけでは素人にはねぐらなのか
何なのかわからないといったところが
正直なところですが、、、(笑)

このようなこともふくめて、
「世界麻まる見え!」で放送されるかも
しれませんね!

グラスマン捕獲作戦に関しては放送終了後に
記載していきます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする