福島暢啓(のぶひろ)アナのwikiプロフィールと経歴、学歴や結婚・彼女は?お笑いコンビで漫才の経験も?実力は?


出典:https://www.ryukoku.ac.jp/alumni/hokori/fukushima.html

こんにちは!lumoです!

大阪・MBS毎日放送の
福島暢啓アナウンサーを
ご存知でしょうか。

先日、『安住紳一郎の日曜天国』の
パーソナリティーを務める
TBSの安住紳一郎アナウンサーの
ピンチヒッターを
福島暢啓アナウンサーがつとめ、
安定感のあるトークに全国から
称賛の声が上がりました。

関西では認知度が高いと思いますが、
関東ではあまり知らない方が多いと
思います。

そこで、福島暢啓アナウンサーの
wiki風プロフィールと経歴や
学歴、結婚しているのかなどに
ついて、調べてみました。

スポンサードリンク

福島暢啓アナウンサーのwiki風プロフィール

福島暢啓アナウンサーの
プロフィールは以下の通りです。

名前:福島暢啓(ふくしまのぶひろ)

生年月日:1987年2月6日

年齢:31歳(2018年10月現在)

出身地:宮崎県宮崎市

出身中学:日向学院中学校

出身高校:日向学院高等学校

出身大学:龍谷大学文学部

大学院:龍谷大学大学院文学研究科日本語日本文学専攻

所属:毎日放送

幼少期から日本文学に興味が
あったという福島アナウンサー
ですが、個人的には安定感の
ある落ち着いた
トークができて、
知識も豊富そうに感じられるのに、
まだ31歳ということに驚きました。

31歳でまだまだ若いのに、
めちゃめちゃ落ち着いてるし
安定感がありすぎでしょと
思いました(笑)

学歴を見ると、文学系の分野で
大学院まで進学されているので、
学生時代に居実のあることを
深いところまできちんと勉強
したことがアナウンサーに
なった今、ものすごくいきて
いるんだろうなと思いました。

また、龍谷大学文学部時代には、
落語研究会に所属し、落語を
やっていたということも
トークの安定感になっている
のだと思います。

さらに驚いたのは、
大学の先輩と漫才コンビを
結成してM-1グランプリ
出場していたということです。

しかも、2007年と2009年には
いずれも準決勝まで進出した
そうなのです。

この経歴もすごいですよね。
ちなみにコンビ名は「志ん茶」
だったそうです。

ユーモアのあるトークが
できるのはおそらく漫才を
やっていた経験あるから
ではないでしょうか。

放送局に入社した当初は、
番組の制作を希望していた
ことから一般職で採用と
なったそうです。

ですが、経歴を知った人事担当者が
アナウンサーになることを勧めた
ことで、アナウンサーになったのだ
そうです。

経験しているすべてのことが
アナウンサー業にいかされている
んですね。

今から今後の活躍に期待して
しまいます。

スポンサードリンク

福島暢啓アナウンサーは結婚してるの?

福島アナウンサーは結婚して
いるのかということも
気になりますよね。

結婚に関して調べてみたの
ですが、現時点では結婚した
という情報はありませんでした。

また、彼女がいるのかも調べて
みたのですが、彼女に関する
情報も見つかりませんでした。

福島アナウンサーは、とても
まじめそうで、まだ若いですし、
今はお仕事に専念しているのかも
しれませんね。

新しい情報がはいったら
記載していきます。

まとめ

福島暢啓アナウンサーの
プロフィールは以下の通りです。

名前:福島暢啓(ふくしまのぶひろ)

生年月日:1987年2月6日

年齢:31歳(2018年10月現在)

出身地:宮崎県宮崎市

出身中学:日向学院中学校

出身高校:日向学院高等学校

出身大学:龍谷大学文学部

大学院:龍谷大学大学院文学研究科日本語日本文学専攻

所属:毎日放送

幼いころから放送に関して
興味があったそうです。

龍谷大学の文学部時代には、
落語研究会に所属し、落語を
やっていました。

さらに、「志ん茶」という
漫才コンビも結成
して
過去に2度M-1グランプリで
準決勝まで進出した
経験があります。

現在、福島アナウンサーは
TBSの安住アナも将来を期待し、
「関西将来性No.1の逸材」
期待を寄せている若手アナウンサー
です。

今後の活躍が本当に楽しみです!!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする