藤田信雄はアメリカ本土を爆撃した日本人なのにブルッキングズ市の名誉市民?アメリカの学生を日本に招待?

こんにちは!lumoです!

第二次世界大戦の時、アメリカ本土を
爆撃した唯一の日本人として知られる
藤田信雄さんをご存知でしょうか。

戦後、アメリカで歓迎されたり、
藤田さんがアメリカの女子大学生を
日本に招待したり、個人的に
アメリカとの関係を築いてきた方です。

どんなことをしてきた方なのか、
プロフィールや経歴などを調べて
みました。

スポンサードリンク

藤田信雄さんのwiki風プロフィール・経歴

藤田信さんのプロフィールは
以下の通りです。

名前:藤田信雄(ふじたのぶお)

生年月:1911年10月

没年月日:1997年9月30日(満85歳没)

帝国海軍の軍人で、最終階級は
飛行兵曹長(最終階級は特務士官たる中尉)
だったそうです。

第二次世界大戦当時、1942年にオレゴン州の
山林に山火事を発生させるために焼夷弾を投下
させるという極秘任務を実行しました。

ですが、作戦のように大きな山火事ではなく、
小規模な火災が発生しまし、すぐに鎮火された
そうです。

歴史上で唯一、アメリカ本土への
空襲を行った人として知られています。

戦後のアメリカとの友好関係

終戦後の藤田さんの周りでおきた
出来事は以下の通りです。

終戦後、藤田は地元の茨城県土浦市に戻り、
工場勤めをしていた。

だが1962年(昭和37年)5月20日、
政府首脳より都内の料亭に呼び出され、
池田勇人首相と大平正芳内閣官房長官に
面会し、その場でアメリカ政府が藤田を
探していることを告げられ、アメリカへ
行けと命じられる。

しかも日米関係への影響を心配した日本政府は、
この渡米を一切関知しないとさえ告げられた。

藤田は戦犯として裁かれるのではないかと考え、
自決用に400年間自宅に代々伝わる日本刀を
しのばせ渡米したが、ブルッキングズ市は
かつての敵国の英雄である藤田をフェスティバルの
主賓として招待したのであり、アメリカで大歓迎を
受けた藤田は自らの不明を恥じ、持っていた刀を
友情の印としてブルッキングズ市に贈った。

引用:Wikipedia

この後、この歓迎に感銘を受け、
ブルッキングスの3人の女子学生を
日本に招待しました。

招待するためのお金は、藤田さんが
人生をかけてコツコツためてきた
お金だったそうです。

このあとから、ブルッキングズ市と
藤田さんの友好関係が深くなり、
藤田さんはブルッキングズ市の
名誉市民にもなっているのです。

藤田さんが亡くなられた現在も、
娘さんやお孫さんがブルッキングズ市
との友好関係を続けています。

まとめ

藤田信さんのプロフィールは
以下の通りです。

名前:藤田信雄(ふじたのぶお)

生年月:1911年10月

没年月日:1997年9月30日(満85歳没)

帝国海軍の軍人で、最終階級は
飛行兵曹長(最終階級は特務士官たる中尉)
だったそうです。

第二次世界大戦の時に、アメリカ本土を
爆撃するという任務を実行した人です。

戦後、爆撃した場所であるアメリカの
ブルッキングズ市に招待されたことが
きっかけで、藤田さんとブルッキングズ市の
友好関係が始まりました。

藤田さんはブルッキングズ市の学生を
日本に招待し、その後、ブルッキングズ市の
名誉市民にもなりました。

現在は娘さんのやお孫さんが
この関係を続けています。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする