年末寒波(2018)で新潟や北陸、東北は大雪?新幹線や飛行機への影響は?帰省ラッシュは?対策は?

こんにちは!lumoです!

2018年もあと数日になりましたね~
28日が仕事納めとなる方も
多いのではないでしょうか?

ですが、年末年始大寒波ということで、
大雪厳しい寒となる可能性が
あります。

特に日本海側に位置する北陸
(新潟、富山、石川、福井)や、
東北、北海道では大雪の可能性
あるので、交通機関に影響が出る
かもしれません。

28日頃から寒波の影響が出る可能性が
あるということですので、帰省ラッシュ
も重なってしまいますよね。

そこで、2018年の年末寒波による
新幹線飛行機高速道路鉄道
などへの影響に関して調べてみました。

また、年末寒波への対策に関しても
まとめてみました。

スポンサードリンク

年末寒波(2018年)の新幹線運行への影響は?

2018年の年末寒波での新幹線への
影響はどうなのでしょうか。

帰省で新幹線を利用するという方は
多いと思いますし、ただでさえ
込み合う時期ですので、運休
遅延になると混乱も避けられないかも
しれません。

現在、天気予報などで、寒波の影響
としては以下のように予想されてます。

27日は北日本を中心に山陰地方まで、
日本海側の広い範囲で雪となる見込み。

28日になると、関東の山沿いにも
雪雲が流れ込み、24時間の降雪量は
多いところで60cmから80cm。

東海、近畿の太平洋側にも雪が降ると
みられ、東海道新幹線などにも影響が
出る可能性がある。

各地域の暴風雪のピーク。

長いところでは、30日まで続く予想で、
帰省の足など交通機関の乱れに十分注意が
必要となる。

引用:https://www.fnn.jp/posts/00408628CX

寒波のピークは28日~29日で、
東北新潟北陸で大雪
可能性もありますし、西日本でも
積雪の可能性がありますので、
新幹線の運行にも影響が出る可能性が
あります。

年末寒波で28日~29日の運行に
影響がでる可能性がある新幹線の
路線は以下の通りです。

  • 北海道新幹線
  • 東北新幹線
  • 上越新幹線
  • 北陸新幹線
  • 東海道新幹線
  • 山陽新幹線

つまり、九州新幹線以外の
路線では、年末寒波による
雪などの影響がある可能性が
考えられるのです。

まだその時になってみないと
わからないですが、28日~29日に
新幹線を利用する予定の方は、
予定通りにはいかない可能性がある
と思っていた方がよいかもしれません。

スポンサードリンク

年末寒波(2018年)の飛行機(航空機)フライトの影響は?

2018年12月27日現在、すでに
年末寒波の影響が予想される
フライトに関しては、航空各社が
変更や払い戻しの対応をしている
ようです。

飛行機の場合は上空の天候が
重要なので、悪天候だとやはり
運行が厳しくなりますし、
2006年には中部国際空港が
積雪2センチで一時閉鎖したという
こともあるので、今回も最悪の場合は
空港が一時閉鎖といった事態に
なる可能性もあります。

なので、対策としては航空各社が
影響が出る可能性があると判断している
フライトは変更した方が良い
おもいます。

■無手数料変更(振替)および払戻対応
(27日09:00現在)

【ANA】
・28~29日全便:
稚内・旭川・函館・青森・大館能代・
秋田・庄内・新潟・仙台・福島・
富山・能登・小松・鳥取・米子・
萩石見発着便

【JALグループ】
・28~29日全便:
旭川・函館・奥尻・青森・三沢・
秋田・花巻・仙台・山形・新潟・
小松・松本・静岡・名古屋(中部・小牧)・
但馬・隠岐・出雲発着便

【SKY】
・28~29日全便:仙台・名古屋(中部)発着便

【ADO】
・27~29日全便:函館発着便
・28~29日全便:旭川発着便

引用:https://news.yahoo.co.jp/

以上のように、28日~29日の
北海道、東北、北陸などの日本海側の
地域を中心に変更と払い戻しの
対応をしています。

ちょうど帰省ラッシュの時期でも
あるので大変ですが、天気は
コントロールできないので、事前に
対応するのが良いと思います。

年末寒波(2018年)の高速道路の影響は?

年末寒波大雪が予想されている
北海道、東北、新潟、北陸、西日本の
日本海側の地域では高速道路への
影響のも予想されます。

で路面の状況が悪くなると、
もちろん渋滞の原因にもなりますし、
交通事故の発生率も高くなります。

そのため、高速道路を利用する
予定の方はスタットレスタイヤを
着用するだけではなく、山沿いを
走行する予定のある方はチェーンも
車に積んでおいた方が良いと思います。

帰省ラッシュ高速道路はいつも
渋滞で混雑していますが、となると
いつも以上に長時間の車移動に
なる可能性がありますので、
こまめに休憩をとることも大切です。

高速道路を利用する場合は、
いつも以上に時間に余裕をもって、
移動するのが良いと思います。

以上、年末寒波帰省ラッシュ
直撃について、交通機関への影響
関してでした。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする