勝谷誠彦の死因(病気)と葬儀お別れ会の日程は?劇症肝炎とは?


出典:グノシー

こんにちは!lumoです!

コラムニストや写真家として
活躍されていた勝谷誠彦さんが、
28日午前1時48分、
出身地である兵庫県尼崎市で
死去されました。

夏に緊急入院されましたが、先日は
急激に病状が回復して退院された
ということでしたので安心して
いたのですが、今回の訃報となり
とても残念です。

そこで、勝谷誠彦さんの死因
今後の葬儀お別れ会などの日程
関して現在の予定などを調べて
みました。

スポンサードリンク

勝谷誠彦さんのプロフィール

勝谷誠彦さんのプロフィールは
以下の通りです。

名前 勝谷誠彦(かつや・まさひこ)

生年月日 1960年12月6日

没年月日 2018年11月28日(57歳)

出身地 兵庫県尼崎市

出身高校:灘高校

出身大学:早稲田大学

職業 コラムニスト、写真家、コメンテーター

勝谷誠彦さんは開業医の家に生まれ、
弟は大阪大学大学院医学系研究科
臨床遺伝子治療学特任准教授で
内科医の勝谷友宏さんです。

大学受験では医学部にも挑戦した
ようですが、理系よりも文系の方が得意
ということもあり、医学部受験には
失敗しているようです。

早稲田大学卒業後は、広告代理店の
電通に入社しましたが数ヶ月で退職し、
文藝春秋に入社しました。

文藝春秋では様々な雑誌の担当や
記者として海外での取材なども経験し、
文藝春秋を退社した後はフリーランスで、
コラムニストとして取材や執筆、
講演活動、メディア出演などを行う
ようになりました。

2017年には兵庫県知事選挙にも立候補
しています。
当選にはなりませんでしたが、行動力は
すごいですよね!

勝谷誠彦さんの死因は劇症肝炎?

勝谷誠彦さんは2018年8月21日に
腹痛を訴え、緊急入院されていました。

診断結果はアルコール性の劇症肝炎
ということでしたが、あまり馴染みのない
病名ですよね。

劇症肝炎とは肝臓の働きを担っている
肝細胞が急激に大量に壊れることによって、
肝臓の機能が低下していく病気です。

劇症肝炎の特徴は肝細胞の破壊が
大規模に起こるというところです。

そのため、肝細胞の増殖が間に合わず、
治療が必要となるのです。

劇症肝炎は肝不全症状が現れる病気
ですので、国際的には一般的に
急性肝不全といわれているようです。

勝谷誠彦さんは、担当医から
「1カ月生存できる可能性は50%くらい」
と言われていたそうなのですが、
その後は回復し、退院されるまでに
なったのですが、今回の訃報となって
しまいました。

一時は回復されていたのに、とても残念です。

公式サイトには以下のように報告
されていました。

「勝谷誠彦は11月28日に
死去いたしました
勝谷誠彦は、2018年11月28日
午前1時48分、生まれ故郷の尼崎で
57歳の生涯を閉じました。
生前、応援していただきました皆様、
お世話になった皆様に厚く御礼を
申し上げます。
どうもありがとうございました。」

勝谷誠彦さんの葬儀・お別れ会の日程は?

勝谷誠彦さんの葬儀お別れ会
関する情報に関しては今のところ
公表されていません。

おそらく、葬儀は近親者で近日中に
行われ、お別れ会はしばらくたってから、
来年になってから行われるのではないかなと
予想されます。

詳しい情報がわかりましたら、
今後、追記していきます。

追記 28日 10:40

葬儀の情報わかりましたので
お知らせします。

通夜は、28日午後7時、葬儀・告別式は、
29日午後1時、兵庫県尼崎市西長洲町
3の7の7、阪神平安祭典会館で。

引用:産経新聞

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする