カードケータイ(ドコモ)の品質や強度、使い勝手(スペック)、評判は?料金プランは?


出典:https://japanese.engadget.com/2018/10/17/1/

こんにちは!lumoです!

ドコモが4Gケータイとして
世界最薄・最軽量をうたう
「カードケータイ」を
11月下旬発売予定と発表
しましたね。

4Gなので使い方としては
ガラケーと同じような感じ
かもしれませんが、2台持ちの
方などには嬉しいものかも
しれません。

そこで、まだまだわからない
ことが多い「カードケータイ」
に関して、品質や強度、使い方、
評判やSNSの反応などを
まとめてみました。

スポンサードリンク

カードケータイの概要

「カードケータイ」は、
4Gケータイとして
世界最薄・最軽量薄という
ことで、名前の通り、
カードのようなケータイです。

画像をみただけで非常に
コンパクトであることが
わかりますよね。

【サイズ】

  • 厚さ:5.3mm
  • 重さ:47g

であり、携帯電話としては
これまでにない、異次元の
コンパクトさが特徴です。

【ディスプレイ】

  • E-Ink
  • 2.8インチの600 x 480解像度

E-Inkのため応答速度は
液晶よりも劣り、若干
ストレスを感じるかも
しれません。

フロントライトがないので、
暗い場所では他にライトなどの
光が必要となります。

【機能】

  • 高音質通話ができる「VoLTE」対応
  • SMS
  • Wi-Fiテザリング
  • WEBブラウジング
  • フリック入力
  • 連続通話時間は2時間

料金プランに関しては
フィーチャーフォンの
現行プランが利用可能です。

携帯の2台持ちでスマホ以外の
サブケータイとしての需要は
あるのではないでしょうか。

縦横のサイズは名刺と
ほぼ同じサイズで、ポケットや
カードケースなどにも
しまえるサイズです。

しかも、価格は1万円(税込)。

スマホの価格で慣れている
私たちにとっては安く感じて
しまいますよね。

追記

価格に関して訂正があったようです。

一括1万円ということでしたが、
これは正しくは実質価格であり、
月々サポートを除いた実質価格
3万1752円なのだそうです。

そう考えてもスマホよりは
安いですし、コンパクトな
ガラケーと考え、電話だけ、
メールだけの使用であれば、
購入を考えたくなってしまい
ますよね。

スポンサードリンク

カードケータイの強度や使い勝手、SNSでの評判について

世界最薄・最軽量薄ということで
気になるカードケータイですが、
その強度や使い勝手、対応している
充電器について、また、SNSでの
反応について調べてみました。

使い勝手に関しては、
通話だけなら問題なく使用
できそうですが、他の部分に
関しては不安が残ります。

ディスプレイに関することが
ちょっと気になりますよね。

ディスプレイがE-Inkなので、
応答速度が遅いですし、
フロントライトがないという
のも不安要素です。

これは、使うにあたって、
大きなストレスに感じてしまう
可能性が大きいのです。

やはり操作性に関してストレスを
感じるのでは?と思う方も
いるようです。

ですが、仕事の通話だけなら
問題なさそうです。

確かに、仕事に関していえば、
マイナス部分をポジティブに
考えることもできますね(笑)

また、スマホがゲーム機化して
いる方や、たまに日本に帰る
という方にとっては有効に
使えるものかもしれません。

また、薄いというので強度が
気になるところです。

調べてみたのですが、
強度に関しては詳しい情報は
まだわかりません。

今後、新しい情報が見つかり次第、
追記していきます。

どんどん新しい商品が出てくるので、
これからも楽しみですね!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする