マー活とは?花椒(ホアジャオ)が人気?山椒との違いは?

こんばんは!lumoです!

最近はやっている「マー活」は
ご存知ですか?

また、「マー活」という言葉と
共に「花椒(ホアジャオ)」
というスパイスが流行している
ようです。

「マー活」と「花椒」について
気になったので調べてみました!

スポンサードリンク

「マー活」とは?

「マー活」は最近聞くようになった
言葉ですね。

マー活という言葉は「麻辣(マーラー)」
という四川を代表する味覚からできた
言葉です。

四川料理屋にいけば、「麻辣」という
文字はよく見ますよね。

麻辣の意味は「しびれる=麻(マー)」
「辛い=辣(ラー)」、この二つの味が
合わさった味を表現しています。
これが四川を代表する味覚なのだそうです。

マー活とは麻辣の「麻(マー)」を
日常生活に積極的に取り入れる活動の
ことなのです。

例えば、麻婆豆腐をはじめとする
四川料理を食べ歩いたり、日常生活で
四川料理の特徴的なスパイスを
取り入れるということですね。

日本では味覚というと、甘味・塩味・酸味・
苦味・うま味の5つの味覚がありますが、
中国では、酸(酸味)、甜(甘味)、
苦(苦味)、辣(辛味)、咸(塩味)の
5つの味覚があり、さらに麻(しびれる)
が加わった6つの味覚があります。

麻辣(しびれる、辛味)はどちらも
日本にはない新しい味覚だったんですね!

特に、しびれる味覚は辛味よりも日本では
馴染みがなく、四川料理店が増え始めてから
その味にはまってしまう人が増えたようです。

じゃぁそのしびれる味覚ってどんなものなの?
ということですが、この味覚の立役者が
四川料理には欠かせないスパイスの「花椒」
なのです。

マー活という言葉を聞いたときは意味が
分かりませんでしたが、調べてみると
なるほどと思いました。

スポンサードリンク

「花椒(ホアジャオ)」とは?

最近ではスーパーでも「花椒」を
見かけるようになりましたね。

「花椒」は中国の山椒で、日本の山椒とは
違い、爽やかな香りと痺れるような辛さを
持つ香辛料です。

わたしも花椒を単体で食べたことが
ありますが、香りがとても爽やかなので
食欲がわいて、食べるとピリッとした感じ
がして、そのあとにじわじわとしびれる
感じがあり、実際にはまってしましました。
これはクセになります!

しびれるだけでなく、最初のピリッとした
感じが辛味ではなく、独特のパンチのある
刺激なので、これもクセになる要因のひとつ
になると思います。

また、ホールの花椒をペッパーミルで砕くと
とても良い香りが広がります。
この香りが料理のおいしさを引き立てます。
ですが、香りは飛びやすいので、密封容器に
入れて早めに使い切るのが良いです。

日常生活に取り入れると本当に
はまってしまいそうです!

山椒と花椒の違いは?

山椒と花椒の大きな違いは、
原産国の違いです。
山椒は日本と朝鮮半島の一部、
花椒は中国が原産地です。

花椒は果皮のみを使用しますが、
山椒は実、若葉、花、木の芽、幹の皮など、
色んな部分が薬味や飾りとして
使われて
います。

また、花椒は熟した実を乾燥させたものですが、
山椒は熟す前の果皮を粉末にしたものです。

味の違いもあり、ピリッとした辛味としびれは、
山椒よりも花椒の方が強いです。
そのため、花椒はスパイスとして使われますが、
山椒は風味をつけるための薬味として使われます。

日本では薬味として使われる山椒の方が
馴染みがあるので、スパイスとして使われている
花椒は全く違うものですね。

まとめ

マー活とは四川料理にかかせない
麻辣の味覚の「麻(マー)」を日常生活に
積極的に取り入れる活動のことです。

「花椒」は中国の山椒で、日本の山椒とは
違い、爽やかな香りと痺れるような辛さを
持つ香辛料で、四川料理の「麻(マー)」
に使われている。

山椒と花椒の違いは、原産地、味と香り、
使い方などたくさんあり、似ている
種類ですが、全く違うものです。

これからさらに「マー活」が流行りそうですね!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする