味覚と健康との関係は?太ると甘みを感じにくい?【ホンマでっかTV】

こんばんは!lumoです!

私は中学生の時と高校生のときに
なんとなく味覚が変わったかも!と
感じた経験があります。

最近では味覚を鍛えることで
ダイエットができるということも
聞きました。

2月28日放送の【ホンマでっかTV】
では、「危ない食卓」という
テーマで味覚についても議論される
ようです。

味覚について気になったので、
調べてみることにしました。

スポンサードリンク

太ると甘みを感じる味覚細胞が減る!

過去に、アメリカのバッファロー大学で、
味覚に関する実験を行ったそうです。

50匹のマウスを半分に分け、片方には
脂肪分の多い餌を与えて太らせ、残りの
半分は通常の餌を与えて、それぞれの
グループの舌を調べたところ、太った
マウスの方が味覚細胞の数が少ない
という結果になったそうです。

特に、甘みとを感じる領域の味覚細胞が
顕著に減少していて、実際に味の
感じかたも鈍くなっていたそうです。

この研究をリードした教授は「太ると
甘みを感じにくくなるということは、
肥満と食欲の新しい関係を示す結果
なのかもしれません」と分析しています。

これはマウスでの実験ですが、実際に
太っている人(肥満症の人)はそうでない人
と比べて甘いものをより多く求める傾向が
あるということがわかっているそうです。

確かに味覚が鈍っていて甘みが感じにくい
という状況なら、あまり満足感は得る
ことができないので、おなかいっぱいに
なってもまだ何か食べたくなるのかも
しれないですね。

味覚と健康との関係は?

味覚は健康と大きく関わっている
ようで、味覚ダイエットというものも
あるようですね。

先程は太ると甘みを感じにくいという
ことを書きましたが、味覚が変化する
ことで太ってしまうというパターンも
あるのです。

どちらかというと、こっちの方が怖い
ですよね(;´д`)

では、どのようなことに気を付けたら
よいのでしょうか?

まず、人の味覚につてですが、
甘味、苦味、塩味、酸味、旨味
5つが基本です。

人それぞれ、食経験で味覚の
感じ方は少しずつ変わっています。

最近はファストフードなどの
単調な強い味というのが
トレンドになっていますが、
これだとどんどん強い味を求めて
しまうので、微妙な味の違いに
気付けなくなる場合があります。

さらに、糖分と塩分が多く
含まれているので、長期的に
考えると生活習慣病になって
しまうリスクもあります。

健康に良いものを飽きずにおいしく
味わえるのが一番良いですよね。
健康的な食事で大切なことは、
何か一つの食べ物に偏るのではなく、
様々な種類の食べ物から幅広い
栄養素をとることです。

味覚に関しても同じで、様々な
食材を使うことで、5つの基本的な
味のバランスがとれやすくなります

食材や栄養素のバランスは考える
ことが多いと思いますが、これからは
味のバランスをとることにも、
気を付けていきたいですね!

スポンサードリンク

味覚を改善するには?

太りやすい味覚になってしまう原因の
ひとつに亜鉛不足があります。

亜鉛は味細胞を健康に保つために
必要なミネラル分なので、健康維持の
ために、1日10~15mgの亜鉛を
とるように心がけるのが良いです。

亜鉛をとるときには、クエン酸や
ビタミンCが含まれている食材と一緒に
とると吸収しやすいそうです。

亜鉛を多く含む食材は、以下の
通りです。

牡蠣、牛肉、豚レバー、カニ、
カシューナッツ、松の実、かずのこ、
ゴマ、納豆、ひじき、まいたけ、
ウナギ、たらこ、ほたて、アーモンド、
高野豆腐、さんま、ささみ肉

亜鉛が多く含まれている食材は
けっこう多いので、意識して
取り入れて良ければ良いと思います。

まとめ

太っている人(肥満症の人)は
甘みとを感じる領域の味覚細胞が
減少していて、実際に甘味の
感じかたも鈍くなっています。

様々な食材を使って、5つの
基本的な味のバランスがとれた
食事をすることで、正常な味覚を
保つことができます。

亜鉛は味細胞を健康に保つために
必要なミネラル分なので、健康維持の
ために、1日10~15mgの亜鉛を
とるように心がけるのが良いです。

味覚と健康の関係について調べて
みると、思っていた以上に大きな
関りがあり、びっくりしました。
これからは味覚についても
意識してきたいと思いました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする