御嶽海が大関昇進の条件ノルマは?強みと課題、実力は?改名も?【大相撲9月場所2018】

こんにちは!lumoです!

もうすぐ9月になりますが、
大相撲9月場所が始まりました。

7月に行われた大相撲名古屋場所で
初優勝した御嶽海の大関昇進
気になりますよね。

大関昇進が決まれば、改名も
あるかもしれないという情報も
あります。

そこで、御嶽海が大関に昇進する
ための条件や、強みと実力などに
ついて調べてみました。

スポンサードリンク

御嶽海のプロフィール

御嶽海のプロフィールは
以下の通りです。

四股名:御嶽海久司(みたけうみひさし)

本名:大道久司(おおみちひさし)

生年月日:1992年12月25日

出身地:長野県木曽郡上松町

出身大学:東洋大学法学部企業法学科

身長:179㎝

体重:167㎏

血液型:O型

好きな食べ物:バナナ、寿司、焼肉

好きな俳優:峰竜太

趣味:ボーリング、ビリヤード、ダーツ

所属:出羽海部屋

初土俵:2015年3月場所

初入幕:2015年11月場所

御嶽海は父・大道春男さんと
フィリピン出身の母・マルガリータさん
の間に生まれました。

小学校1年生の時に地元の相撲大会に
参加し、自分よりも体が小さい相手に
負けたことで負けず嫌いに火がついて
相撲を始めました。

その後、大学まで相撲を続けた後、
相撲界に入る気はなかったそうで、
アマチュア相撲の強豪である
和歌山県庁に内定が決まっていた
のだそうです。

ですが、11代出羽海親方の
「力を貸してほしい」という説得に
より、出羽海部屋へ入門しました。

順調に番付を上げて、2018年7月の
名古屋場所では初優勝を果たし、
現在の番付は東の関脇です。

御嶽海大関昇進の条件は?

御嶽海は2018年7月の名古屋場所で、
3横綱1大関が休場という追い風を
生かして13勝2敗という成績で
初優勝を果たしました。

今場所は大関昇進が期待されますが、
実力を試される場所でもあります。

キーポイントとしては、先場所
休場していた大関・横綱に勝てるのか、
内容の良い相撲ができるのか、
全体で何勝できるのかというところ
ではないでしょうか。

大関昇進の目安としては、
「三役直近3場所で33勝」
だといわれています。

御嶽海は5月場所で9勝、
7月場所で13勝なので、
今のところ23勝しています。

3場所で33勝を目安にすれば
9月場所で11勝以上が目安
なります。

三役での御嶽海の成績をみると、
2桁以上の白星をあげたのは
実は7月場所がはじめてでした。

今場所は休場していた横綱と大関が
土俵に戻ってくるので、11勝、
つまり、4敗までしか許されない
という条件は、御嶽海にとっては
非常に厳しいハードルになっている
はずです。

ですが、昇進を判断する阿武松審判部長が
相撲内容も重視する意向ということが
伝えられています。

これは、先場所、上位陣の休場が多かった
ということも考慮しているのだと思います。

勝ち星と内容の面で、ぜひ、実力を
発揮してほしいと思います。

スポンサードリンク

御嶽海の強みと課題は?

御嶽海は器用な相撲をとる
というイメージがあります。

押し相撲に軸足を置きつつ、
四つに組んでもうまさを発揮
していて、得意の押し相撲を
進化させてきたのだそうです。

今後、得意の突き押しを忘れずに、
四つ相撲の技術
身につけていけば
さらに活躍が見れるのではないか
と思います。

さらに、相手の動きに一瞬で
対応できる反射神経の良さ
評価されています。

相手の動きに対して、ほぼ同時に
足を運んでいくというのが、
他の力士にはなかなかできない
ことなのだそうです。

ですが、課題もあります。

一番の課題とされているのが、
後半戦での失速です。

これは、二桁以上の白星を狙うためには
克服しなければならない課題ですね。

先場所では最後まで失速しなかったので、
中盤から終盤にかけて連敗というのが
癖になってしまわないように、
今後も頑張ってほしいと思います。

それと共に課題とされているのが、
相撲の形が完成していないという
部分です。

上位陣には勝ちパターンのような、
この形に持ち込めば勝てるという
形があります。

御嶽海はまだその形が未完成なのです。
不安定感はここからきているのかも
しれません。

御嶽海はまだまだこれから伸びていく
可能性があるので、今後がとても
たのしみですね!

大関昇進の際は改名も視野に?

御嶽海が所属する出羽海部屋は
名門として知られており、
受け継がれる由緒あるしこ名
あります。

それが、「両国」「大錦」などです。

御嶽海は以下のように
コメントしてます。

「歴史ある部屋だからこそ、
しこ名を受け継げる。

その資格を備えて許されるものなら
名乗ってみたい。

それが伝統だから」

引用:https://www.sanspo.com/sports/news/20180828/sum18082805030001-n2.html

御嶽海という名前はもうなじんで
きましたが、もしかしたら
大関昇進の際には改名するのかも
しれませんね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする