もち麦とは?内臓脂肪減少や便秘、ダイエットに効果的?押し麦との違いや効能、栄養は?白米との炊き方やレシピは?

こんばんは!lumoです!

以前から、ダイエット効果が
あるということで、もち麦が
人気です。

スーパーでも見かけますし、
もち麦ダイエットの本も
でていますよね。

そこで、もち麦とは何なのか、
また、内臓脂肪を減少させる効果が
あるというのは本当なのか、
栄養やダイエットに効果的な
レシピや食べ方、ごはんと一緒に
炊く時の炊き方などについて
まとめてみました。

スポンサードリンク

もち麦とは?押し麦との違いや栄養は?

麦飯で使われているのは押し麦ですが、
もち麦とは何が違うのか、気になり
ますよね。

どちらかというと押し麦の方が
馴染みがあるかもしれませんが、
もち麦は、押し麦と同じ大麦の
一種です。

二つの違いは、押し麦は粘りが
少ない(うるち性)のに対して、
もち麦は粘りがある(もち性)
というところにあります。

そして、もち麦には押し麦のように
「押す」という工程はありません。

また、栄養面では、もち麦の方が
βグルカンという食物繊維が
多く含まれているといわれています。

この栄養面の少しの差が
ダイエットにも効果があると
いわれている理由のひとつです。

押し麦ともち麦の違いは
うるち米ともち米の違いと
似たような感じともいえます。

もち麦はパサつきがなくて、
もちもち・プチプチといった食感が
特徴的で、これもおいしいと人気に
なっている理由のひとつになって
いるようです!

もち麦は内臓脂肪を減少させる効果がある?ダイエットは?

もち麦は内臓脂肪を減少させるのに
効果的だといわれているのは、
もち麦にたくさん含まれる
水溶性食物繊維のβ-グルカンの働き
が大きいそうです。

β-グルカンは血糖値の上昇を
緩やかにしてインスリンの
過剰分泌を防ぎ、さらに
インスリンを適量に抑える
物質の分泌を促す作用がある
そうです。

この作用により、内臓脂肪が
つきにくくなるそうなのです。

血糖値の上昇を緩やかにする
働きがあるので、糖尿病予防にも
効果的ですね!

もち麦は水溶性食物繊維と
不溶性食物繊維をバランスよく
含んでいるため、腸内環境の改善
にも効果が期待できるので、
便秘解消効果もありそうです。

また、もち麦は白米よりも
カロリーが低く、腹持ちが
良いのです。

以上のことから、もち麦は
内臓脂肪を減少させる効果が
期待でき、さらに、糖尿病予防や
便秘解消、ダイエット効果など、
幅広く健康面での効果が期待できる
食品なのです。

プチプチした食感も良いので、
ぜひ取り入れていきたいですね!

スポンサードリンク

効果的なもち麦ごはんの炊き方やレシピは?

もち麦は簡単に食事に取り入れる
ことができます。

まず、もち麦ごはんの炊き方を
紹介します。(米1合の場合)

  1. 米1合を洗って水を切り、
    炊飯器に入れます。
  2. もち麦を60g炊飯器に入れます。
  3. 炊飯器に水を1.5合の目盛まで
    いれて、軽く混ぜ、炊飯開始します。

基本的にはもち麦を3割混ぜて
いつも通りに炊飯すると
覚えておけばOKです。

このもち麦ご飯を混ぜごはんに
したり、お茶漬けにしたり、
チャーハン、リゾットなど、
これだけでも料理の幅は
ありますね。

他にももち麦を使ったサラダや
スープも人気のようです。

いろいろと試してみたいですね!

もち麦の効果効能についてのまとめ

もち麦は大麦の一種で、押し麦よりも
粘り気があって「もちもち」した
食感が人気のもち性の麦です。

もち麦は栄養面でも注目されていて、
βグルカンという食物繊維が多く
含まれているため、内臓脂肪を
減少させる効果や糖尿病予防、
便秘解消、ダイエット効果など、
幅広く効果が期待できる食品
なのです。

もち麦と白米を合わせた
もち麦ごはんの炊き方は
以下の通りです。

  1. 米1合を洗って水を切り、
    炊飯器に入れます。
  2. もち麦を60g炊飯器に入れます。
  3. 炊飯器に水を1.5合の目盛まで
    いれて、軽く混ぜ、炊飯開始します。

基本的にはもち麦を3割混ぜて
いつも通りに炊飯すると
覚えておけばOKです。

いろいろな効果が期待できる
もち麦のことをまとめて
きましたがどうだったでしょうか。

簡単に生活に取り入れることが
できるので、ぜひ試してみたい
ですね!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする