小川隼人(庭師)の日本庭園がカナダで人気?経歴とプロフィール、結婚は?世界大会で受賞?【世界ナゼそこに日本人?】

こんばんは!lumo です!

5月7日の【世界ナゼそこに日本人】では
カナダで庭師として働く日本人の
小川隼人さんが出演されるようです。

カナダで小川さんの日本庭園が
大絶賛されているようなのですが、
どんな方なのか気になったので、
調べてみました。

スポンサードリンク

小川隼人さんのプロフィール

名前:小川隼人(おがわはやと)
生年:1987年
出身地:京都府(神奈川県育ち)
所属:Ogawa Landscape Design代表

小川さんは18歳の時にワーキングホリデーで
カナダに行き、そこで知り合った日本人の
影響を受けて、日本庭園に興味をもち、
27歳の時に庭師として独立しました。

そして、2013年には
「ブリティッシュコロンビア主州造園コンテスト」
最優秀賞を受賞し現地で高い評価を得ています。

このような実績もあり、今ではカナダで
大絶賛されている人気の庭師として
活躍されています。

日本でも庭師として独立して生計を
立てていくのは簡単なことでは
ないと思いますが、それをカナダで
やってしまっている小川さんは
すごいですね!

小川さんが庭師を目指したきっかけは?

小川さんはもともと日本庭園に興味が
あったわけではなく、18歳くらいの頃は
音楽が大好きで、DJのようなことも
やっていたそうです。

そして、ファッションやテクノロジーでも
最先端だと想像していたアメリカやカナダで
音楽のことをもっと学びたいと思ったのが
きっかけで、ワーキングホリデーで
初めてカナダにいったそうです。

20歳前後の若いときは、海外への憧れが
あったり、興味のあることに力を注ぎたい
ときですよね。

ですが、18歳の時からカナダに行くなんて、
行動力がありますよね!

小川さんはワクワクした気持ちで
カナダに行ったと思うのですが、
音楽のことに関しては
思っていたほど日本との差がある
わけではなかったようで、少し
がっかりしたそうです。

ですが、ここで音楽に
はまらなかったからこそ、
今の小川さんがあるんです!

もともと日本庭園には興味がなかった
小川さんですが、カナダで仕事を
探していた時に、たまたま日本人と
出会い、その方が造園業をしていた
そうなのです。

この出会いがきっかけで、小川さんは
京都の佐藤耕吉さんのもとで
3年間修業をつみました。

その修行の間に本当に日本庭園に
ハマってしまったそうなのです。

そして、カナダで独立し、
Ogawa Landscape Designを
立ち上げました。

庭師というのは長い時間をかけて技術と
センスを磨いてやっと独立できる仕事
といったイメージがありましたが、
小川さんははやい段階で独立していて
すごいなあと思います。

実際に、日本で求められる庭園と
カナダで求められる庭園が違っていたので、
自分でやってみたいという思いも
あったようです。

カナダの庭は芝生ときっちりカットした
植木だけのシンプルなものが多いそうなの
ですが、最近は日本庭園の人気が高まってきて
いるようです。

そこで、小川さんは日本の伝統技術を
生かしつつ、カナダの庭に合うような
庭つくりを心がけているそうです。

独立したことで、カナダのお客さんに
よろこんでもらえるような庭つくりを
考えていろいろ試してきたことが
良い結果になったのではないかなと思います!

スポンサードリンク

小川隼人さんは結婚しているの?

単身でカナダに渡った小川さんですが、
現在は結婚しているそうです。

娘さんも2人いるそうで、家族で
バーナビーで暮らしているそうです。

人気の庭師として活躍する小川さんですが、
家族の支えもあるのではないでしょうか。

まとめ

名前:小川隼人(おがわはやと)
生年:1987年
出身地:京都府(神奈川県育ち)
所属:Ogawa Landscape Design代表

18歳でカナダに渡り、日本庭園に
興味を持ち、3年間日本で修業を
つんでから、27歳の時にカナダで
独立しました。

2013年には
「ブリティッシュコロンビア主州造園コンテスト」
最優秀賞を受賞して現地で高い評価を
得ています。

現在は結婚していて、
妻と娘2人と暮らしています。

今後もカナダで日本庭園を
どんどん広めてほしいですね!

これからも小川さんの活躍に期待です(^^)

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする