うさぎの餌(えさ)の種類と与え方

うさぎの餌には様々な種類があります。

インターネットはもちろん、ペットショップなどでも何種類か置いてあるので、どれを選べば良いのか迷ってしまうことがあると思います。

毎日食べる餌は、うさぎにとってとても重要で健康にも直接関わってきます。

そこで、うさぎの餌の種類や与える量について基本的なことを紹介していきたいと思います。

うさぎの主食は?

うさぎは草食動物なので、主食は基本的に牧草とペレットです。この2種類はうさぎに必要な栄養素をたくさん含んでいます。

主に牧草をメインに食べさせるのが理想で、ペレットは補助的な役割になります。

牧草

牧草は繊維質が豊富に含まれているので、食べることで歯の伸びすぎや、不正咬合を防ぐ効果があり、消化活動の促進にもなるので、うさぎがなりやすい毛球症の防止にもなります。

牧草にはマメ科とイネ科の2種類があり、含まれる栄養素が違います。

マメ科はアルファルファが代表的で、高たんぱく質、高カルシウム、高カロリーで、成長期のウサギに適しています。子うさぎにはこの牧草をあげているという方もいます。

イネ科はチモシーが代表的で、低カロリーで食物繊維が豊富に含まれているので、うさぎの体調を整えるのに最適です。成長期はもちろん高齢のうさぎにも適しているため、うさぎがずっと食べていく牧草でもあります。

基本的にはチモシーを選んでいただければ良いかと思います。

ペレット

うさぎ専用の餌です。

嗜好性が高いので補助食的な位置づけになります。

ペレットは品種ごとや、成長期用、大人用、シニア用など、それぞれのうさぎに応じた種類があるので、うさぎの年齢や状態に合わせた栄養が取れるものを選びましょう。

うさぎにあげるえさの量はどのくらい?

ペレットをあげる回数は基本的に朝、夜の1日2回です。

量は成長期の6ヶ月までは体重の3%を目安に、その後は体重の5%程度を目安に、朝と夜の1日2回に分けてあげます。

うさぎは夜行性で夜から朝にかけて行動か活発になるので、夜にあげるえさの量を少し多めにするのも良いと思います。体重がはかれない場合もあると思いますが、その場合はペレット記載を参考にしましょう。

また、個体差もあるので、うさぎの様子を見て調整してあげることが必要です。食べ残しがある場合などは少し量を減らしたりして、毎回食べきることができる量をあげるのが良いです。

牧草は基本的にいくら食べても問題ないので、常に牧草入れに入れておき、食べ放題にしておきます。うさぎの体調や気分にもよると思うのですが、夜に牧草を補充しても、朝にはほとんどなくなっている、なんてこともたまにあるので、牧草の量には注意しておきましょう。

うさぎの副食は?

基本的には牧草とペレットをあげていれば問題ありませんが、副食として野菜やサプリメントをあげる場合もあります。

野菜をあげる場合は水分が多いものは下痢になる恐れがあるので注意が必要です。また、与えすぎると中毒になったり病気になってしまうものもあるので、事前にきちんと確認しておきましょう。

サプリメントもうさぎの健康状態をみて、必要に応じて与えるといった感じが良いかと思います。

たまに果物をあげている方もいるようですが、糖質が多いのでうさぎにはあまりよくありません。果物をあげる場合はおやつとして少量に抑えておくのが良いと思います。

まとめ

うさぎのえさの種類と与え方について、まとめます。

  • うさぎの主食は牧草とペレット。
  • 牧草はチモシーなら子うさぎから高齢のうさぎまでどの年代にも適しているのでおすすめ。
  • 餌の量については、牧草は食べ放題で、ペレットは子うさぎの場合は体重の3%、大人のうさぎの場合は体重の5%を目安に。
  • 副食として野菜を与える場合は、水分の多い野菜のあげすぎに注意し、中毒性がない野菜を与える。
  • サプリメントはうさぎの健康状態を見て必要に応じて与える。

以上のようになります。

参考までに、我が家では基本的にチモシーとペレットのみをあげていて、たまににんじんを少量あげています。あげた餌を喜んで食べてくれると、とてもうれしいですよね。

うさぎと一緒に楽しい生活を送れるように、飼い主さんがうさぎの食事と健康の管理をきちんとしてあげましょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする