うさぎトイレのしつけとかじりぐせ対策

トイレのしつけについて

我が家のうさぎは6ヶ月の時にペットショップで購入しました。うさぎは子うさぎの時にトイレを覚えますが、我が家に来たような6ヶ月くらいのうさぎだと、ほとんど大人なので、ペットショップにいたときにはトイレを覚えていたようです。

ですが、我が家に来てからはケージが変わったり環境が大きくかわったこともあり、ケージの外でおしっこをしてしまうことが少なくありませんでした。うさぎは縄張り意識が強いので、縄張りを広げたいという思いもあったと思います。

そこで、ペットショップの店員さんに聞いたり、インターネットで調べて、うさぎにトイレを覚えてもらうために私がやってみた対策を紹介したいと思います。

トイレににおいをつけておく

まず、一番基本的なこととして、「トイレにティッシュペーパーなどにうさぎのおしっこのにおいをつけていれておく」ということをやってみました。結果としては、我が家のうさぎの場合はあまり効果がありませんでした(;´д`)

うさぎの糞もいれてみたりしましたが、それでもなかなかトイレを覚えてくれませんでした。これは、それぞれのうさぎによって違いはあるかもしれません。

おしっこしそうなときにトイレに連れていく

トイレににおいをつけてもあまり効果がなかったのですが、何日かうさぎと一緒に生活していると、「うさぎがおしっこをしそうなとき」というのが、なんとなくわかってくるようになります。

我が家のうさぎの場合はおしっこする前にまとまったうんちをしたり、ちょっと動きをとめたりするので、その時を見逃さずにトイレに連れていくといくことを何回もやりました。これは効果があったかなと思います。

トイレににおいをつけておくのも、もちろんやっていたので、この2つのことを根気強くやっていればうさぎはトイレを覚えてくれると思います。

かじりぐせ対策について

うさぎを飼う前に、うさぎはかじりぐせがあるということ知ってはいましたが、実際に飼ってみるとその対策が大変でした。

我が家の場合は、うさぎがトイレを覚えてからは、ケージは常に開けてあり、1部屋で放し飼い状態になっています。部屋の中でお気に入りの場所を見つけたり、自由に走り回っているので、この方がいいかなと思ったのですが、そうするといろいろなところをかじってしまい、対策がけっこう難しいなと想いました。

そこで、私の場合はどんな感じで対策したのかということを紹介したいと思います。

うさぎにかじられたもの

まず、実際にかじられたことがあるものをあげてみたいと思います。
  • 木製のもの(柱、ドア、カラーボックスなど)
  • ふすま
  • ティッシュ
  • 段ボール
  • 衣類
  • 電気コード
  • かばん
  • 壁紙
  • 食材

以上のようなものがかじられました。うさぎはたべて良いものと悪いものを自分で判断できないので、口にいれてはいけないものもかじって口にいれてしまう可能性があります。

我が家では飼いはじめのころ、ちょっとした不注意や対策不足でいろいろなものをかじられてしまいましたが、これはうさぎの健康、そして命にも関わることなので、ぜひ気をつけて頂きたいと思います。

電気コードや小物などはうさぎが届かないところにおけば良いのですが、壁紙や木製の柱、ドアなどは片付けるというわけにはいかないので対策が必要になります。

そこで、私が実践した対策を紹介します。

壁に段ボールやジョイントマットをつける

段ボールとジョイントマットが家にあったので、とりあえずの対策として、それを壁やドアの下から30センチ程度のところまで張り付けて見ました。結果は予測できると思いますが、段ボールもジョイントマットも無惨にかじられてしまいました。

食べていなかったようなのでよかったのですが、うさぎが口にしてはいけないものをかじりやすいところにおいてしまったなんて、本当に危ないことをしてしまい、反省しました(._.)

プラ段をつける

先程の失敗をもとに、うさぎがかじれないもので対策をしなければと考え、段ボールなどをつけていたところにプラ段をつけてみました。

その結果、大成功でした!

壁紙も柱もドアもかじられませんでした。今でもプラ段を使っています!

かじり木やかための餌やおやつをあげる
かじり木を与えたり、餌にかためのものを取り入れたりしてみると、個体差はあると思いますが、それをかじるの夢中になって、壁などをかじらなくなる場合があります。
一度試してみることをおすすめします。

まとめ

うさぎのトイレのしつけとかじりぐせの対策について描いてきましたので、簡単にまとめてみます。
トイレのしつけ

トイレにおしっこのにおいをつけたティッシュなどをいれておくことと、おしっこしそうなときにトイレに連れていくこと、この2つを根気強くやればトイレを覚えてくれます。

かじりぐせ対策

うさぎがかじってしまうものは片付けておくことと、壁などにはうさぎがかじれないものを貼るなどして対策すること、かじり木やかたいエサを活用すること、この3つを実践すれば、うさぎと仲良く安全に過ごせるようになると思います。

以上、トイレのしつけとかじりぐせ対策についてでした。

ウサギを飼いはじめてから、たぶん一番始めの難関だと思っています。
これがクリアできれば、お互いにストレスが少なくなり、うさぎさんとより仲良く、そして楽しい生活ができるようになると思います。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする