リチャード・セイラーのナッジ理論とは?行動経済学はコストコにも?ノーベル賞受賞者が相田みつをファン?【未来世紀ジパング】

こんばんは!lumoです!

4月25日放送の【未来世紀ジパング】では
人気の会員制スーパー「コストコ」を徹底取材し、
買い過ぎてしまう理由を経済行動学で解明する
ようです。

そして、2017年に「行動経済学」の研究で
ノーベル経済学賞を受賞した
リチャード・セイラー教授にインタビューも
あるそうなのです。

セイラー教授と行動経済学について気になったので、
調べてみました。

スポンサードリンク

リチャード・セイラー教授のプロフィール

名前:リチャード・H・セイラー(Richard H. Thaler)
生年月日:1945年9月12日
出身地:アメリカ合衆国ニュージャージー州イーストオレンジ。
学歴:ケース・ウェスタン・リザーブ大学卒(1967年)
ロチェスター大学で修士号(1970年)とPh.D.(1974年)取得。
ロチェスター大学助教授(1974年 – 1980年)
コーネル大学准教授(1980年 – 1986年)
コーネル大学ジョンソン経営大学院教授(1986年 – 1995年)
シカゴ大学教授(1995年~現在)
所属:シカゴ大学
専門:行動経済学

セイラー教授行動科学の理論家として国際的な研究業績を
持っており、買い物やギャンブル、投資といった
日常生活における身近な経済行動について心理学を
交えて分析する「行動経済学」の権威として知られて
います。

2017年には「ナッジ理論」でノーベル経済学賞
受賞しています。

行動経済学とは?

行動経済岳の権威として知られているセイラー教授ですが、
行動経済学ってなに?と思う方は多いと思います。
では「行動経済学」とは何なのでしょうか?

Wikipediaによると

経済学の数学モデルに心理学的に観察された事実を
取り入れていく研究手法

という説明がされていました。

ほかにも

人間がかならずしも合理的には行動しないことに着目し、
従来の経済学では示せなかった社会現象や経済行動を
人間行動を観察することで説明しようとする新たな経済学

とされています。

このような言葉だけだと少しわかりにくいので
具体例をあげてみましょう。

以下の二つのラーメン屋さんがあったときに
どっちのお店に入りたいでしょうか?

  • 行列ができているラーメン屋
  • すぐに入ることができるラーメン屋

この場合、統計的には行列ができている方に
入りたいと思う人が多いそうです。

これは、ハーティング効果というもので、
人が他の人と群れをなそうとする心理が
働いていて、「多くの人が選んでいる=美味しい」
と思ってしまうことが多いそうなのです。

並ぶが嫌という場合もありますが、
行列ができているお店を見ると、
どんな味なのか気になりますよね!

身近なところで他にもたくさんの
「行動心理学」が関係しているみたいです!

スポンサードリンク

ナッジ理論とは?

セイラー教授がノーベル賞を受賞した
「ナッジ理論」は、行動経済学の成果を総動員して、
人の行動を後押しする技術であるといえます。

例えば、イギリスの貯蓄型企業年金の加入義務化が
良い例です。

以前は年金へ加入するかどうかを就業時に
選んでいたものを、特に申し出がなければ
自動的に加入することにした結果、
年金の加入者が270万人から4年後には770万人に
増加したのです。

確かに自分で選んでいるのですが、実は
選ばされているといった感じがしますね。

これが人の行動を後押しするということ
なんだと納得です。

もしかしたら、今問題になっていることも、
「ナッジ理論」が解決策になることが
あるかもしれませんね!

セイラー博士は相田みつをさんのファン?

セイラー博士は2009年に来日したときに
たまたま相田みつを記念館にいったそうです。
そのことをきっかけに、相田みつをさんの詩に
魅了され、自身の研究室のドアにも詩を張っている
そうです。

セイラー博士は相田みつをさんの詩の中で
「つまづいたっていいじゃないか にんげんだもの」
という詩が一番好きなのだそうです。

アメリカ人なのに相田みつをさんのファンというのは
びっくりですね!

まとめ

セイラー教授のプロフィールは
以下の通りです。

名前:リチャード・H・セイラー(Richard H. Thaler)
生年月日:1945年9月12日
出身地:アメリカ合衆国ニュージャージー州イーストオレンジ。
学歴:ケース・ウェスタン・リザーブ大学卒(1967年)
ロチェスター大学で修士号(1970年)とPh.D.(1974年)取得。
ロチェスター大学助教授(1974年 – 1980年)
コーネル大学准教授(1980年 – 1986年)
コーネル大学ジョンソン経営大学院教授(1986年 – 1995年)
シカゴ大学教授(1995年~現在)
所属:シカゴ大学
専門:行動経済学

セイラー教授は2017年に「ナッジ理論」で
ノーベル経済学賞を受賞しています。

セイラー教授の専門である行動経済学とは

人間がかならずしも合理的には行動しないことに着目し、
従来の経済学では示せなかった社会現象や経済行動を
人間行動を観察することで説明しようとする新たな経済学

のことです。

「ナッジ理論」は、行動経済学の成果を総動員して、
人の行動を後押しする技術であるといえます。

セイラー教授は相田みつをさんのファンで、
自身の研究室のドアにも詩を張っているそうです。

【未来世紀ジパング】では、コストコで使われている
行動経済学の仕掛けと、セイラー教授のインタビューが
あるそうなので、放送が楽しみですね!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする