シンシア・リッグス(ミステリー作家)の現在は?暗号のラブレターで62年の時を経て結婚?【アンビリバボー】


出典:dailymail

こんにちは!lumoです!

8月2日に放送される
【奇跡体験!アンビリバボー】
では、ミステリー作家の
シンシア・リッグスさんと、
ハワード・アドベリーさんの
物語をドラマ化して放送する
ようです。

この物語は2014年にインターネットの
ニュースでも話題になりました。

そこで、どんな物語なのか、また、
二人の現在についてまとめてみました。

スポンサードリンク

シンシア・リッグスさんとハワード・アドベリーさんの出会いは?

二人の出会いは1950年で60年以上も
前のことです。

当時、シンシアさんは18歳、ハワードさんは
28歳でした。

シンシアさんは海洋地質学の研究室で
プランクトンの仕分けをするアルバイトを
していた際に同じ研究所にいた
ハワードさんと出会いました。

一緒に働いたのは4か月の間だったそうです。

二人はその時にペーパータオルに暗号で
メッセージや愚痴などを書いて交換
し合っていたそうです。

ハワードさんはシンシアさんに
恋をしてしまったのですが、
当時、シンシアさんには恋人がいたので、
二人が結ばれることはなかったのです。

4ヵ月の短い間ということもありますが、
残念ですよね(:_;)

再開は暗号のラブレターがきっかけ?

二人が出会った1950年から60年以上が
たったある日、シンシアさんに
ハワードさんから小包が届いたのです。

中には出会った時に二人で交換し合った
暗号の文字が書いてありました。

それをきっかけに二人は暗号を使って
文通を始めたそうです。

シンシアさんは60年以上も離れていた
ハワードさんからの手紙に最初は
戸惑ってしまったようですが、友人などに
話したことで背中を押されたそうです。

シンシアさんもハワードさんも
一度は結婚してそれぞれ家族がいましたが、
二人とも離婚を経験していたそうなのです。

文通をはじめて距離を縮めた二人は
数か月後に、実に62年ぶりの再会となる
旅行を計画しました。

再開する前は、シンシアさんは
62年前の自分と今の自分の
外見のギャップを気にしていたの
ですが、ハワードさんは62年前の
シンシアさんも今のシンシアさんも
愛しているといってくれたことで
再開を果たしたのです。

62年というと本当に長い期間なので、
再開の時は不安も楽しみあって、
二人にしかわからない気持ちがあったの
だろうなと思います。

スポンサードリンク

シンシア・リッグスさんとハワード・アドベリーさんが結婚!

再開の旅行の時に、南カリフォルニアの
ある駅で二人は再開しました。

そして、その1時間後にはハワードさんは
シンシアさんにプロポーズをしたのです。

シンシアさんはハワードさんのプロポーズを
快諾し、二人は結婚することになりました。

ハワード・アテブリーさんが92歳、
シンシア・リッグスさんが82歳のときに
結婚しました。

そして、シンシアさんとハワードさんは
ハネムーンとして蒸気汽船に乗り、
ミシシッピ河まで旅に出たそうです。

自分の想いを伝えるのに
遅すぎるということはないんだなと
教えてもらえる物語だなと
思いました。

シンシア・リッグスさんとハワード・アドベリーさんの現在は?

シンシアさんとハワードさんは結婚した
次の年にはシンシアさんの出身地である
マサチューセッツ州の「マーサのぶどう園」に
移り住み、式も挙げました。

その後も二人は幸せに過ごしているそうです。

残りの人生は長くないとわかっているからこそ、
毎日を大切に過ごしているんだなと思います。

【奇跡体験!アンビリバボー】では二人の
現在の様子がもっと詳しく紹介されると
思うので、楽しみですね!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする