台風24号2018の東海(三重・愛知・岐阜)への接近上陸はいつ?最新予想進路と飛行機や新幹線への影響は?

こんにちは!lumoです!

台風24号が非常に強い勢力を
保って、日本列島を縦断する
予想となっていますね。

そこで、東海地方(愛知、三重、岐阜)の
台風24号の上陸時期がいつになるのか、
また、飛行機や新幹線などの交通機関の
運航状況はどうなるのかについて
まとめてみました。

スポンサードリンク

台風24号の予想進路や勢力などの最新情報

台風24号は現在、大型で非常に強い
勢力にとなっています。

さらに、今後、再発達していく
と予想されています。

現在は沖縄の南の海上に位置し、
ゆっくりと北上していますが、
ウェザーニュースによると、
週末にかけて日本に接近、上陸
し、日本列島を縦断する可能性が
非常に高くなっています。

週末の29日(土)に南西諸島を通過し、
30日(日)から10月1日(月)にかけて
スピードを上げ、日本列島を縦断するの
おそれがあり、広い範囲での警戒が
必要となります。

日本列島には現在、秋雨前線があり、
その雨雲がとても発達しやすい状態
なのだそうです。

そのため、特に太平洋側では
台風が上陸する前にも大雨の
警戒が必要になりそうです。

予想としては、西日本を中心に、
300mm前後の大雨となるおそれが
あるとされています。

現在の台風24号の最新情報
以下の通りです。

大きさ:大型
中心気圧:950hPa
強さ:非常に強い
最大風速:45m/s
方向:西北西
速さ:ゆっくり
最大瞬間風速:60m/s

28日夜~29日明け方には沖縄に
接近し、30日には九州に上陸する
予想です。

交通機関にも影響がありそうです。

スポンサードリンク

台風24号2018の東海(三重・愛知・岐阜)への接近上陸はいつ?

ウェザーニュースの最新予想進路は
以下のようになっています。


出典:https://weathernews.jp/s/typhoon/

この予想進路図から、東海地方
(愛知県、三重県、岐阜県)への
台風24号の接近は30日の正午~午後
にかけてと予想されます。

三重県と愛知県に関しては
台風接近の前から大雨が予想
されていますので、事前の
対策が必要だと考えられます。

なるべく29日~30日の間での
外出は避けた方が良さそうです。

飛行機や新幹線・高速道路への影響は?

台風24号は勢力が強い状態で
上陸すると予想されているので、
交通機関への影響も十分に
考えられます。

飛行機のフライトに関しては
まだわかりませんが、暴風域に
入れば、欠航などの影響が予想
されます。

鉄道や新幹線に関しても、大雨や
暴風によってダイヤが乱れる可能性が
ありますし、高速道路の通行止めも
考えられます。

29日~30日にかけては基本的に
外出を控えた方が良さそうです。

今後、新しい情報がはいり次第、
追記していきます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする