第十雄洋丸事件(ゆうようまるじけん/1974年タンカー衝突)で炎上沈没後の生存者や船長は?画像動画も!


出典:http://news.livedoor.com/article/detail/15569858/

こんにちは!lumoです!

11月15日に放送される
奇跡体験!アンビリバボー
では、第十雄洋丸事件がドラマ化
され、紹介されるようです。

日本の重大海難事故として
有名な事件ですが、知らない方も
多いかもしれませんね。

そこで、第十雄洋丸事件とは
どのような事件だったのか、
巨大タンカーが衝突してしまった
原因や、タンカーが炎上し、
海上自衛隊によって撃沈処分とされた
ようですが、船長乗組員などの
生存者について、また、第十雄洋丸事件
画像動画に関しても調べてみました。

関連記事

第十雄洋丸事件で大安丸と大成丸の活躍とは?深田サルベージ建設とは?【アンビリバボー】

スポンサードリンク

第十雄洋丸事件とは?

第十雄洋丸事件(だいじゅう
ゆうようまるじけん)は、
1974年11月9日に起こった
LPGタンカー衝突炎上事故であり、
日本でおきた重大海難とされて
います。

日本のLPG・石油混載タンカー
巨大タンカー)「第十雄洋丸」は、

  • ライトナフサ20,831キロトン
  • プロパン20,202キロトン
  • ブタン6,443キロトン

を積載して、サウジアラビアから
日本の京浜港川崎区に向かって
東京湾の中ノ瀬航路を、水先艇である
「おりおん1号」の先導で航行中でした。

とてつもない量のLPGを積んで
いたんですね~

この巨大タンカーが衝突したと
想像するだけで恐ろしいです( ;∀;)

また、台湾籍の貨物船
パシフィック・アレス」は、
鋼材14,835キロトンを載せ、
木更津港からアメリカのロサンゼルスに
向けて航行中でした。

そして、11月9日13時37分頃、
木更津港から中ノ瀬航路に入ろうとした
パシフィック・アレス」が
第十雄洋丸」に正面から突っ込む形で
衝突したのです。


出典:http://www2s.biglobe.ne.jp/~nachi/zakki/yuyo/yuyo_10.html

この衝突により「第十雄洋丸」の
衝突箇所には穴が開き、積荷の
ナフサがもれてしまい、さらに
衝突時に生じた火花で引火して
爆発、炎上してしまったのです。

第十雄洋丸」は右舷船首に
パシフィック・アレス」を
食い込んだまま大火災に発展し、
さらにナフサは海にも流れ出て
しまったため、海面でも炎上が
広がり、あたり一面が火の海と
なってしまったのです。

そして、タンカーの火災は、当時、
最新鋭の消防船を投入しても
鎮火できず、川崎市街地方面に
向かって漂流を続けていたのです。

そこで、安全な場所に座礁させるために
深田サルベージ建設に曳航が依頼
され、民間タグボートである
大安丸」と「大成丸により、
事故発生から10日後には、千葉県富津沖の
浅瀬に座礁させることに成功したのです。

関連記事

第十雄洋丸事件で大安丸と大成丸の活躍とは?深田サルベージ建設とは?【アンビリバボー】

実は、曳航開始地点は川崎市の
防波堤から約700メートルの位置だった
というので、とても驚きました。

すぐ目の前でタンカーが炎上して
向かってくるなんて本当に
恐ろしいですよね。

ですが、海上保安庁は地元の
漁業関係者から抗議を受け
第十雄洋丸」を東京湾外に
移動させることを決定します。

第十雄洋丸」は再び移動を
始めることになったのですが、
目的の場所に到達しないところで
また爆発し、炎上し始めて
しまったので、移動は諦め、
曳索を切り離すこととなりました。

それが、ちょうど黒潮上であった
ため、炎上しながら「第十雄洋丸」は
漂流することとなってしまいます。

そこで、海上保安庁は最終的に、
第十雄洋丸」の処分を海上自衛隊に
依頼するのです。

そして、海上自衛隊による
砲、爆、雷撃により11月28日午後、
第十雄洋丸」は野島埼南方沖合で
沈没し、事件が収束したのです。

第十雄洋丸」は衝突から20日間も
炎上し続けたんですね。

この事件は忘れてはいけない重大海難
となっています。

動画に関しても調べてみましたが、
今のところ、動画は見つかって
いませんので、見つかり次第、
お知らせしたいと思います。

スポンサードリンク

第十雄洋丸事件でタンカーが衝突した原因は?


出典:https://www.jiji.com/jc/d2?p=sos00102-5693615&d=004soc

そもそも、「第十雄洋丸事件」は
巨大タンカー「第十雄洋丸」と、
貨物船「パシフィック・アレス」が
衝突したことが原因となっています。

船同士の衝突というのはまれな
ことだとは思うのですが、
この事件で場合はなぜ衝突に至って
しまったのでしょうか?

その原因に関して詳しく調べてみました。

すると、「第十雄洋丸」と
パシフィック・アレス」の
認識の違いが大きく影響していることが
わかりました。

それぞれの認識を以下にまとめます。

第十雄洋丸」側

中ノ瀬航路を航行していたことで
船体が完全に航路を抜けるまで
海上交通安全法による航路優先の
原則が適用されると考えていた。

パシフィック・アレス」側

中ノ瀬航路北側出口付近をかすめる航路を
とったことによる航路外での海上衝突予防法
によるスターボード艇優先の原則が適用
されると考えていた。

これにより、双方が衝突直前まで
減速を含む衝突回避行動を行わなかった
ために衝突が起きてしまったのだ
そうです。

すでに海難審判は行われており、
それによると以下のような判決が
出ています。

衝突場所が航路外の場所であったものの、
「第十雄洋丸」は衝突時において
船尾の50mほどを中ノ瀬航路内に
残していたことから、このような形で
競合する場合においては海上交通安全法
による航路優先の原則が優先される旨の
判断を下し、「本件衝突は、
パシフィック・アレスの不当運航に
因って発生したが、第十雄洋丸船長の
運航に関する職務上の過失もその一因を
なすものである」を主文とし、事故の
主たる原因が「パシフィック・アレス」の
不適当な航路の横切りにあることを
認めながらも、第十雄洋丸船長が海上衝突
予防法第29条(当時)に規定する
グッドシーマンシップに基づく
「船員の常務」として行うべきである
「パシフィック・アレス」との衝突を
回避するための最大限の努力を怠った
責任を追及する内容を理由として
第十雄洋丸船長の船長免状の効力を
1ヶ月間停止する第二審の裁決が
言い渡されて確定した。

引用:Wikipedia

原則などはあっても、危ないと
思ったらやはり回避行動を
するべきだなと思ってしまい
ますよね。

この件に限らず、まさかの事態
というのは起きるかもしれない
事なので、これを教訓にこのような
事件はもう起こらないことを
祈っています。

第十雄洋丸事件でタンカー炎上沈没後の生存者は?

第十雄洋丸事件」での生存者に
関しても気になりますよね。

結果的には以下のように報告
されています。

「第十雄洋丸」(乗員38名)

生存者:33名(負傷者6名)

死者:5名

「パシフィック・アレス」(乗員29名)

生存者:1名

死者:28名

「第十雄洋丸」では延焼による積荷の
大爆発を悟った第十雄洋丸船長による
適切な時期での総員退船命令により、
海へ飛び込む、延焼していない救命艇を
下ろす、海上保安庁の巡視船や
「おりおん1号」に移乗するなどの方法で
脱出し、最後まで船に残っていた
第十雄洋丸船長と同船甲板長も
海上保安庁の巡視船からの退船勧告に
従って11月9日14時5分頃に脱出、
乗組員38名のうち、6名の負傷者を含む
33名の第十雄洋丸乗組員が救助され、
死者が5名であったのに対して、
「パシフィック・アレス」は第十雄洋丸に
食い込んだまま船全体が一瞬にして
ナフサの炎で包まれて閉じ込められたため、
脱出することも外から救助することも
できず、乗組員29名のうち機関室の
ビルジウェルにいて火災をやりすごす
ことのできた二等機関士1名を除く
船長以下28名が死亡した。

生存者もいますが、犠牲者も
とても多い、悲惨な事故となって
しまいました。

11月15日に放送される
奇跡体験!アンビリバボー」では
もう少しこの事件に関わった人々に
関する情報も放送されると思うので、
どんなドラマになっているのか
楽しみですね!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする